ikujitte blog *

一緒に子育ての疑問解消しましょう。3姉妹の子育てに奮闘しながら得た知識たちが、あなたの子育てのお役に立ちますように。

 

【写真あり】ウイルス性イボ(ウイルス性疣贅)の治療方法は?治るまでの期間は?窒素治療中の子供の話。

長女は毎週1回皮膚科に通っています。

 

平日4日習い事があるので皮膚科を入れると平日は毎日。

 

皮膚が弱く、皮膚に関するあらゆる病気をもらってくるんですが今治療しているのは

 

『ウイルス性イボ』です。

 

少しでも早く治したいと、週1回液体窒素治療という痛みのある治療を嫌がらずに受けています。

 

1回でくじけてしまう人もいる液体窒素治療を、もう4か月16回以上も。

 

同じ病気で悩んでる方の参考になればと。

 

本文下の方には写真もありますので苦手な人は閲覧しないようにお願いします。

 

 

 

 

子供の手足になりやすい硬い皮膚『ウイルス性イボ』ってなに?

 

イボは手足や顔などの皮膚にできる小さな突起物。医学的にはイボは「疣贅(ゆうぜい)」と呼ばれ、ウイルス感染によるものと、そうでないものがある。

東京女子医科大学八千代医療センター(千葉県八千代市)皮膚科でイボ外来を担当する三石剛准教授は「イボが大きくなったり、数が増えたり、市販薬で治らなかったりした場合は、悪化を防ぐためにも早めに皮膚科を受診して」と勧める。ウイルス性のイボはいじったり、自分で取ったりすると、逆に増えることも。「皮膚科で適切な治療を受ければ、早いと1カ月ほどできれいに治る」

ウイルス性イボで最も多いのが、手足などにできる尋常性疣贅だ。丸みをおびた形で表面はザラザラしている。多くは肌色や白色、褐色で、痛みはない。原因はヒトパピローマウイルス(HPV)。ひっかき傷やささくれなど、皮膚の小さな傷口からウイルスが入り込んで感染する。

 長女の場合、足の付け根に皮膚が固くなっている箇所がありました。

 

イボというか、虫刺されの様な感じ。でも、その皮膚が固くなってきて真ん中に黒い点が3つ。

 

本当にイボの様な感じではなかったんです。小さかったし。

 

でも、アトピーを見てもらうときに一緒に見てもらうと『ウイルス性イボ』という診断でした。

 

小さかったんので窒素治療をすればすぐに治るだろうということでした。

 

水いぼのときいも窒素治療を受けたことがあったので『あの痛いやつまたやるの?』と不安そうな娘。

 

でもほかの人に移る可能性もあるということだったので治療を決意しました。

 

ウイルス性イボを破壊する 液体窒素治療法とは?

いろいろな治療法が試みられていますが、皮膚科の診療で、多用されている方法は、液体窒素療法(凍結療法)というものです。液体窒素(-196℃)でウイルスに感染している細胞を凍結・融解を繰り返し、「イボウイルス」を表皮の細胞ごと破壊していくものです。効果を上げるために角層を削る必要がある場合もあります。綿棒で液体窒素をつけると、「イボ」は凍って白くなります。白くなった「イボ」は、数分で元の色に戻ります。ドライアイスを押しつけるようなものですから、処置中は冷たいという感覚を通り越して、結構痛いのです。この痛みに耐えきれず、治療を中断してしまう患者様もいます。

皮膚病あれこれ|宮崎市のきくち皮膚科泌尿器科クリニック:皮膚科,泌尿器科,アトピー,湿疹,水虫

 

 こんな治療を毎週毎週受けています。

 

妹たちも連れて行くので窒素治療中は1人で頑張っています。下の子が触ると危ないので。

 

こんな治療を毎週毎週弱音も吐かずに頑張る長女の精神的な強さにはもう尊敬しかありません。

 

窒素を当てている間は『ちくっとする感じが数秒続く』治療した後は歩くのも痛いそうです。イボの場所にもよると思いますが、足の裏との境付近なので少し不自由です。

 

 

 

ウイルス性イボと魚の目やタコとの違いは?

 素人眼で見ると違いを見分けることは難しいようです。

 

黒い点があるとウイルス性イボですが、よく見ないとわからない事もあります。

 

ウイルス性イボだとうつって広がっていくので自分で勝手に判断せずに医師の診断を仰ぐようにしましょう。

 

多くくなったりほかの箇所に広がってしまってからだと治療はますます困難になります。

 

触ると広がったり移るので注意しましょう。

 

 週1回4カ月間治療した結果。

広がることもなく、小さくなったのかな?という状態です。

 

もともと大きくなかったので本当に難しい。

 

窒素の後なのでかさぶたになる前。黒い点々が見えなくなっています。

 

点々がなくなったら治療終了なのでもうすぐ治るのかな?とはいえ、ウイルス性イボは再発することも多いので油断がなりません。

 

娘のイボは小指の付け根の下。

【閲覧注意・写真あり】足のイボが治りにくい理由。

夏、初診でいった時は3.4カ月で治ると言っていたウイルス性イボですが、治療は長引くようです。

 

その理由は『足の裏やその付近にあるウイルスは奥に入りやすい』そうです。

 

地面を踏むので芯のようになっているウイルスがどんどん奥に入って取れないとのこと。

 

芯のような黒い点々わかりますか?このウイルスがポロリと取れたら治療は終わります。

 

しかし、何回窒素で焼いてもめくれる気配がありません。

 

 

f:id:ikujitte:20181119152349j:plain

お友達のウイルス性イボの治療法。

 この記事を書いた後、友達から『うちの子も黒い芯のあるイボがあったんだ』という話を聞きました。

 

でも、その子の場合は薬で硬くなった皮膚を柔らかくしてから機械で削ってピンセットで掘ったそうです。

 

病院の先生に数回してもらったあとは自宅でピンセットを消毒・除菌して削ったというのですから驚きです。

 

その子の場合に2.3カ月で治ったということなのでうちの娘よりも早い完治になりますが、自分で削った箇所が化膿する恐れもあります。

 

 窒素で焼くよりも早く直りそうなので病院でやっていただけると安心ですが、我が家のかかりつけの病院では窒素を勧めているのでその通りで治療を進めていこうと思っています。

 

お友達の通っていた病院も聞いたので、もし治らないと思ったらそちらを受診して削ってもらおうと思います。


長女に関する記事はこちら。

www.ikujitte.work

 

www.ikujitte.work

【スポンサーリンク】