ikujitte blog *

一緒に子育ての疑問解消しましょう。3姉妹の子育てに奮闘しながら得た知識たちが、あなたの子育てのお役に立ちますように。

 

成績表(あゆみ)のつけ方ってどうなっているの?成績表の見方と、次回につながる子供への声掛けのポイント。

長女が1年生の時、自分の時の成績表と今の成績表が全く違っていてきょとんとしてしまった3姉妹ママむぎです。

 

 成績表ってどうのようにつけられているのか知っていますか?

 

意外と知らない成績表の見方と目的があったんです。

 

(今回の記事は公立小学校を対象にしたお話です。私立で勉強に特化している学校の場合は事情が異なります。)

 

 

親世代の時とは大きく異なる意味を持つ成績表。

小学校における成績表の目的

成績表は保護者に学校生活の中での子供たちの様子を記録し通知するものです。

 

小学生の間は特に、頭の良さも含まれていますが、それよりも授業態度や授業中の様子をもとにつけられています。

 

親世代のころは学校生活や授業中の態度よりも純粋に授業の理解度(頭の良さ)を評価するものでしたが、評価する項目も発表態度や積極性に関する項目が増えています。

 

しかし、その項目も学校ごとに異なります。

 

評価項目数も評価内容も同じ市内の公立学校だとしても学校によってさまざまです。

小学校における成績表(あゆみ)の付け方

以前は相対評価でつけられていた成績表ですが、今は絶対評価でつけられています。

 

相対評価とは、クラスの25%は『よくできた』70%は『できた』5%が『もう少し』というように成績の順番にいい評価がつくものです。(パーセントは例えなので割合は学校ごとに変わります。)

 

しかし、いまはどの学校も絶対評価です。

 

絶対評価というのはカリキュラム(設定されえた目標)に対して、個人がどれだけ目標を達成しているかを評価するものです。

 

極端に言えば、クラスのみんなが授業を理解していれば全員が『よくできた』の評価になるということです。

 

具体的には

『よくできた』目標を十分達成できていると

『できた』おおむね目標を達成しているが

『もう少し』目標に届いていないという評価になります。

 

担任の先生の主観が多く反映されるので同じ生徒でも先生によって評価は大きく変わります。先生によって『よくできた』がとても多いクラスもあるということです。

 

絶対評価でつける成績というのはとても曖昧なものなんですね。

 

また、個人に対して出来るようになったか、なっていないかの評価なので親の体感的には1学期は少し厳しく、3学期には評価が上がっているような気がします。

 

成績表は勉強以外の面での評価も多いので1学期よりも積極性が増すとどんどん良くなる気がします。

 

通知表をもらってきた子供になんて声をかけるべき?

見るべきは『よくできた』の数ではない。

まず、他人と比べることは絶対してはいけません。

他人と比べることは相対評価です。成績表はそうではないので他人と比べることは間違っています。

 

成績表は昔と違ってとても曖昧なものになっています。

 

評価の項目も学校ごとに違っていますし、評価の内容も勉強の出来・不出来にかかわらないものが多いです。

 

忘れ物が多かったり、授業態度に積極性が見られない(ここが結構重視されるポイント。)と、たとえ頭が良くても『よくできた』にはなりません。

 

単純に『よくできたの数が少ないじゃない!』と怒っても、何が悪かったのかこれからどうすればいいのかわかりません。

 

前回の成績と比べるのもちょっと違う。

 

他人と比べるのがいけないなら前の自分自身の成績と比べればいいのか。これもちょっと違います。

 

先生の主観が大きく反映するということは先ほど説明したとおりです。

 

なので、先生によってよくできたの数も全然違うのです。単純に前から増えているからいい、悪いという問題でもないのです。

 

悪く評価したことで『もう少しここを伸ばしてほしい』という先生の考えがある場合も考えられます。

 

成績表の本当の意味は学校での子供たちの生活を親に教えるもの。

 

絶対評価になったことで通知表の意味が大きく変わりました。

 

『成績表=褒めるネタ作り』になったのです。

 

叱るのはまとめテストの時にして、成績表は学校生活の話を聞きながら褒める手段になったのです。

 

1学期間お疲れ様。こんなこともできるようになったのね。

こんなことを頑張ってきたのね。長期休みに入るけどますます伸ばしていけるように頑張ってね。

 

褒めて褒めて調子に乗せまくって、夏休み(冬休み)は勉強しっかりさせてやろうと思います。

 

『よくできた』とか『できた』とか甘いなぁと思うけど。

こんな曖昧なものでは怒ることすらできません。

 

だって、『よくできた』と『出来た』って、両方できてるっていうことです。

 

子供のころは『成績表が少しでも悪いと親に怒られる』と怖がっていた子も多かったと思いますが、いまは成績表=勉強の出来具合ではありません。

 

怒るのは普段の宿題や勉強の時だけにして学期の終わりの紙一枚に一喜一憂するのはやめようと思います。

 

その分、個人懇談の時にしっかり話を聞いて娘たちの授業の理解度をしっかり確認してきます。

 

今の成績表ってどんなもの?

 

☑成績表の評価が良いことが頭の良さに比例しない。

 

☑成績表は相対評価ではなく、絶対評価でつけられているところがほとんど。

 

☑勉強の理解度は個人懇談の時に確認しよう。

 

☑成績表を見ながら親子での会話を楽しもう。

 

www.ikujitte.work

 

www.ikujitte.work

【スポンサーリンク】