ikujitte blog *

一緒に子育ての疑問解消しましょう。3姉妹の子育てに奮闘しながら得た知識たちが、あなたの子育てのお役に立ちますように。

【日本の文化を学ぶ】知っていますか?おせちの由来や食材の意味をこどもたちと一緒に解決。

【スポンサーリンク】

料理が苦手な上にお正月は旦那さんが仕事で不在なのでおせち料理は作っ他ことがなかった3姉妹ママのむぎです。

 

でも、長女は3年生になって日本の文化について勉強をしていたり社会見学に行く機会が増えたので今年はいろんな話をしながらおせちを嗜もうと思っています。

 

皆さんはおせちの由来や使われている材料の意味はご存知ですか?

 

おせちに関しては地域によって多少異なる点もあると思いますが、小学生でもわかる一般的なものについてご説明いたします。

 

 

 \\今一番気になっているお節を試食してきました//

感想は記事の中に書いています。

 

冷凍おせちが不安という方に・・期間限定で500円のおためしおせちもあります。

 【博多久松2019年新春おせち特集】

 

 

 

 

知っているようで知らない。おせちの由来は? 

 おせちは節日初日(1月1日)に出す料理の1つ。

 

江戸時代に一般庶民でも食べる風習が広まったと言われています。

 

おせちは神様にお供えし、1年の無事を祈るためのものです。

 

材料1つ1つに願いを込めた験(ゲン)を担いだ料理です。

 

なんでおせちはお重に入っているの?重ねて使う意味は?

おせちは普段使うお皿ではなく専用のお重をつかいますよね。

 

これにも ちゃんと理由があるのです。

 

縁起の良いものをたくさん詰めた重箱をさらに重ねることで、めでたいことや縁起のいいことがどんどん重なっていきますように・・・という願いが込められています。

 

 【3段重が一般的】1の重・2の重・3の重ってなに?

一の重

一の重には縁起のいいもの・祝いの肴・口取りを入れます。

具体的には、数の子やかまぼこ・伊達巻や栗きんとん、田作りや黒豆などです。

 

二の重

焼き物やメインディッシュとなるもの。主に海の幸が入っている。

タコなどの酢の物が添えてあることが多い。

三の重

山の幸を使った煮物や煮しめ。

 

(お重の段の数によって内容は変わります。)

 

おせちに使われている食材や料理の意味は?

 

☑数の子 子孫繫栄・子だくさんを祈る。

 

☑黒豆   黒で邪気を払い無病息災を祈る。マメに働き、マメ(健康)に暮らせるように。

 

☑栗金団(くりきんとん) 金の団子を意味し、商売繁盛・金運を表す。

 

☑伊達巻 巻物を意味し、知識が増えるように。

 

☑タコ 多幸と言われ縁起のいいもの。酢の物として2の重に入っていることが多い。

 

☑煮物 いろんな食材を1つの味でに付けることで家族が1つになる家内安全を表す。

 

☑しいたけ カメの甲羅をイメージさせるので長寿を意味する。

 

☑たけのこ まっすぐに伸びる姿と成長スピードの速さから子供の成長や出世を願う。

 

☑梅花人参 梅は花が咲くと必ず身をつけるので縁起がいい。

 

☑紅白なます 紅白は縁起がよくお祝いの水引をイメージしている。

 

 

【感想】イベントでおせちの試食をしてきました。

 試食したのは『博多久松』さんのおせちです。

【博多久松】九州・博多のから美味しいおせちをお届け!

 

冷凍のおせちって始めて食べました。

 

正直、どうなんだろうと思っていたんですが、そんな心配は全くいりませんでした。

 

生のおせちよりも傷みにくいことも考慮すると断然冷凍のほうが安心です。

 

一番おいしかったのが写真にもありますが『海老入り焼き蒲鉾』と『やわらか干しトマト』 

宝石みたいにきれいな干しトマトなんです。つやっとしていてキラキラで柔らかい。

 

フルーツもみたいで思わず『これなんですか?』って聞いたくらい。

 

硬くなくてもっちり甘いスイーツみたい。

 

かまぼこもふわっふわなんです。はんぺんみたいに柔らかい。中にはチーズが入っています。相性抜群。

 

お店の人曰く一番人気は『博多』特大8寸・3段重・45品も入っています。ボリューム感ありますよね。

 

私が気になったのは1人用のおせちの『祇園』

 

 ひいおばあちゃんに贈ってあげたいと思っています。

 

離れて暮らす大切な人にピッタリだと思いませんか?

 

 楽天市場で12年連続『グルメ大賞受賞』

 

 中国産主原料不使用。合成着色料やソルビン酸も不使用なので安心・安全。

 

全国送料無料なのも嬉しいです。

 

 \\博多久松さんのおせちはこちらから購入できます//

 

【スポンサーリンク】