ikujitte blog *

一緒に子育ての疑問解消しましょう。3姉妹の子育てに奮闘しながら得た知識たちが、あなたの子育てのお役に立ちますように。

 

たった10分~15分で何話す?個人懇談で何を聞けばいいの?注意すべきことは?印象を良くする方法紹介します。

 

小学校が苦手です。先生はも~っと苦手です。

 

こんにちは。3姉妹ママのむぎです。 

 

決して先生が悪い方とかではないんです。ただただ先生が苦手なんです。

 

学校行事の中でも苦手なのが個人懇談です。

 

しゃべるのが得意ではないのに時間制限付き。難易度高いです。

 

きっとそう思っている親御さんは多いはず。

 

個人懇談で話すポイント・印象をよくするコツをお教えます。

 

事前にチェックをして個人懇談に備えましょう。

 

 

\\小学生のママに読んでほしい//

【読んで解決!】参観の後にある懇談(保護者会)って何をするの?参加は必要?兄弟がいる場合は? - ikujitte blog *

読み聞かせっていつまで必要?小学生でも続けてほしい読み聞かせ。そのポイントとコツは? - ikujitte blog *

 

 

 

個人懇談って年に何回?いつあるの?

個人懇談は1人10分から15分で5月7月2月の年3回に行われることが多いです。

 

うち1回は家庭訪問という学校や、2度目以降は希望者のみというところもあり、さまざまです。

 

懇談が苦手な私です、希望者のみと言われている2度目の懇談にも(もったいない精神が働くのか・・・)ついつい参加するに丸を付けてしまいます。

 

苦手や得意別にして、子供の学校生活って気になるんですよね。

 

もちろん参加せずとも気になることがあったらその都度先生に連絡を取ればいいので、無理にスケジュールを合わせなくても全然大丈夫だと思いますよ。

 

《こちらも気になるポイント》

先生は成績表(あゆみ)をどうやってつけているの?成績表の見方と、次回につながる子供への声掛けのポイント。 - ikujitte blog *

個人懇談で注意したほうがいいことは?

とにかく時間厳守・遅刻厳禁です。

 

懇談は事前に時間スケジュールを配られると思いますが本当にピッタリ15分後には次の人の予定が入っています。

1人が3分遅れると4人目で丸々1人分のスケジュールが飛んでしまうことになります。たった3分でです。

 

なので時間はよく遅れています。しかし、遅れているだろうと思うと意外に正確に時間通り進んでいたりするもんなんですね。

 

時間内に収まらないのもNGです。

 

お話し中に時計をみるのも失礼かなと思うので、なかなか時間通り・・・というのは難しいですが。少し短い?くらいでちょうどよいでしょう。

 

短い時間を効率よくスムーズに進めるために。

ただでさえ短い時間です。ついついいつもの調子で世間話を始めてしまうとあっという間に時間になってしまいます。

 

『本日はお時間いただいてありがとうございます。○○です。よろしくお願いいたします』て程度のあいさつで本題に移りましょう。

 

まずは聞き上手に徹しましょう。

先生をいきなり質問攻めにするのはいけません。(お気持ちとてもわかります!)

 

先生も懇談当日のために子供の成績や普段の生活をまとめてくれていたり、伝えたい内容を用意してくれているはずです。

 

はやる気持ちを抑えてしっかり話を聞く姿勢を示しましょう。

 

個人懇談でする話の内容は先生の性格によって大きく変わる。

個人懇談で先生が話す内容は多岐にわたっています。

  • どんな友達と一緒にいるか。(友達関係について)
  • クラスでどんな役割を担っているか。(ムードメーカー?人をまとめるタイプ?)
  • 学習の理解度のレベル。
  • 授業態度について。
  • 忘れもの・提出物の有無について。

など。子供からは聞かないような相対的な評価が聞けます。

 

先生によって小学校生活で重点を置くところが違うので学習レベルの話を多くする先生もいれば、交友関係について多く話をする先生もいます。

 

聞きたい事がないと無関心な親だと思われてしまう?

 私も思っていました。次女に関して聞きたい事がない・・・。(友人関係良好・勉強は普通。生活態度も普通。普通な子だなぁと思っていたので。)

 

質問がないと3姉妹の真ん中だし、無関心なんだなと思われるのかな?と。

 

でも、今はそんなことはないと思っています。

 

先生からの話をしっかり聞くこと。先生に日ごろの感謝を伝えること。それを子供に伝えること。それだけで充分だと思います。

 

もし、生活面や学習面で何かあれば懇談の時期にかかわらず、先生から連絡があるはずなので。

 

無駄に絞り出した質問をするよりも、感謝の心を伝える機会をもらうこと、何かあったら連絡をもらえるような人間関係を築こうと努力すること。

 

そのほうが大切だと思ったのです。

 

本当に聞きたい事は事前に連絡帳で連絡をしておくこと。

懇談当日、いきなり聞かれても先生が返答に困るような質問は事前に連絡ノートに聞きたい事を書いて、懇談当日よろしくお願いいたします。と結んでおくといいでしょう。

 

長女が男の子に暴力・暴言をふるわれていて学校嫌だなぁといったことがありました。

 

話を聞いてもらって娘的にスッキリしたのか落ち着きを取り戻し、懇談で先生に相談するから待ってもらってもいい?と聞くとそれでいいと言うのでまず連絡帳に問題事項と相談を書きました。

 

その男の子の保護者の方の懇談のほうが先だったので、事前に先生が話を聞き、そのあとの懇談で注意して頂けたことがありました。

 

事前の連絡があったらからスムーズに事が進んだと思っています。第一、直接話をすると時間が足りなかったと思うので。緊張しますしね。

 

服装について。

懇談での服装は先生の年齢に合わせるようにしています。

 

若い先生だと少しカジュアルでもいいのかなと思いますが、ベテランで年上の先生だと失礼のない服装を心がけています。

 

もちろん、仕事のある方だとスーツだったり制服だったりすると思います。忙しい中、懇談のために時間を作ってこられたんだなと思うので全然問題はありません。

 

 

 

少しでもいい印象を持ってもらえる努力を。

『先生が個人懇談をするのは仕事だし、こちらが気を遣うことなんてないよ』

 

そういうベテランママさんもいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、先生だって人間です。いつもお世話になっていることには変わりありませんから敬意を表した発言・服装をすべきだと私は思います。

 

小学校は6年間もあるんですから、少しでもいい印象を持ってもらっていい関係を作っていきたいと思うのです。

 

最後に個人懇談で会ったお話はきちんと子供に伝えよう。

個人懇談があることは子供たちも知っています。

 

自分から何も言わなくても『先生とどんな話をしたんだろう?』と、内心は気にしている子もいるでしょう。

 

先生がおっしゃっていたことをそのまま伝えるのではなく『伸ばしたいところ』『よし!学校頑張ろう。』と子供が思えるような内容を伝えてあげましょう。

 

例えば、『友達みんなと仲良くできているって先生言っていたよ。』『係の仕事頑張ってるらしいね。どんな仕事しているの?』など。

 

大したことがなくてもいいので褒めて伝えましょう。

 

決して先生の悪口は言ってはいけませんよ。

 

いいことを子供に伝えることが出来たらそれだけで個人懇談は大成功です。

 

 子育てに役に立つこんな記事も書いています。

www.ikujitte.work

 

www.ikujitte.work

【スポンサーリンク】