ikujitte blog *

一緒に子育ての疑問解消しましょう。3姉妹の子育てに奮闘しながら得た知識たちが、あなたの子育てのお役に立ちますように。

家庭訪問って先生は何を見ているの?お茶や飲み物は何を用意したらいいの?話の内容は?我が家の場合。

【スポンサーリンク】

家庭訪問前に大掃除が行われます。三姉妹ママのむぎです。

『家庭訪問?いつでも来てもらっていいよ!』なんて口が裂けても言えません。

家庭訪問って、先生にどこまで見せますか?私は4回家庭訪問を受けていますがいつも玄関までです。

もし、玄関までですって決まっていたら掃除が楽なのに・・と思ったので色々調べてみました。そして、参考までに我が家の家庭訪問対策を紹介したいと思います。

参考にしてください。

 

f:id:ikujitte:20180526094214j:plain

 家庭訪問の目的とは?

家庭訪問ではたった子供に関するとてもたくさんの情報を得ることが出来ます。

小学校から自宅までの通学路。クラスメートの家との距離。

 

玄関に入るだけでも家の様子や雰囲気が分かります。きれいなのか、散らかっているのかだけではなく家から漂う空気感。初めてお邪魔するお友達の家でも感じることはないですか?

 

『散らかっているけど居心地のいい家だな』とか『きれいにしているけどなんだか取り繕ったような感じがするな。』とか。ただの主婦でも多少感じるのですからたくさんの生徒さんのお家を回る先生方はもっとたくさんの事を感じることが出来るのかもしれません。

 

また、怪我や事故があったとき、家までの送迎をスムーズにするため(慌てることのないように。)という目的もあるそうです。

 

新任・転勤のあった先生だと土地勘がないので家庭訪問の時に学校周辺を確認しているのです。

家庭訪問って玄関先まで?リビングまで?

以前はリビングまでお邪魔される先生がほとんどでしたが、今は最小限の玄関までとされる学校・先生が多いようです。

 

玄関も断る保護者の方もいるようなので先生も大変ですね。

とはいえ、家庭訪問の順番が最後だったり、次のお宅まで時間が空いていると保護者のほうからリビングでゆっくり、と促されることもあるようなので本当に様々です。

 

家庭訪問で何を出せばいいの?

基本的には何も出さなくても大丈夫なので安心してください。

先生もお茶のあるなしを気にしたりすることはないと思います。

すべてのお家でお茶を飲んでいたらトイレも気になりますし、お腹がちゃぽちゃぽになってしまいます。

 

とはいえ、何か出さないと・・・とやっぱり思いますよね。(私は用意しないとそわそわするほうです。)

なので、自己満足ではありますが冷たいお茶とお茶菓子と冷たいお手拭きを用意しています。

 

たった10分15分の家庭訪問で先生がいらしてからお茶を出すと時間のロスになってしまうので、事前に魔法瓶にお茶を入れてコップに氷を入れた状態で用意しておきます。

そして、凍らせたおしぼりを冷蔵庫に用意。

 

『気持ちいいですね。こんな日は顔まで拭きたくなります!』なんていう男の先生もいらっしゃいました。『ガンガン拭いてください!』と、返しました。

 

 お茶はどのお家でも用意されているでしょうし、先生が気を遣ってしまっては申し訳ないので『遠いところありがとうございます。もしよかったらどうぞ。』とか『ほかのお家でも召し上がってますよね?無理なさらないでくださいね。』と一言添えるといいと思います。(お茶やお菓子を出すことで先生に食べなきゃと気を遣わせることになるからやめるべきだという話も聞きました。なので、これはあくまでも私の例です。)

先生が『飲まなきゃ』と思ったり、気を遣わせないようにすることが大切だと思います。

 

我が家の場合は、話のついでに『このお菓子、子供が大好きで。』という話をすると『私も大好きなんです』と言ってくれるような気さくで優しい先生ばかりでした。

 

学校・土地柄によっては『保護者から何かもらってはいけない』とか『この家では食べて、うちでは手を付けなかった』なんていう保護者さんもいるようですが、そのようなこともなく朗らかで優しい時間を先生と一緒に過ごすことが出来ています。

とてもありがたいことだなと思っています。

どんな話をするの?

正直話はあまりありません。時期的に4月末ごろなのでまだ授業も少ないので。

だいたいは子供を褒めて褒めて・・・よいしょされている感じです。

 

驚くことに徒歩で来る先生よりも車やバイクでいらっしゃる先生のほうが多いです。土地柄でしょうか。そんなに田舎でもないと思うのですが。

私の時代は・・・家庭訪問中の先生をこっそり追いかけて、気になる子の家を突き止める。といったことをしていたのですが。時代なのでしょうか。

希望としては・・・家庭訪問=楽しい時間。

 地域柄・学校柄もあって『お茶菓子禁止』『お茶遠慮します』というお知らせが来るところもあるようです。

 

なので、案内の手紙をしっかり読んでその範囲の中で先生と朗らかに子供の話ができたらいいなと思っています。

 

玄関掃除・おうちの掃除は面倒ですが、これで我が家の雰囲気や子供の事が少しでもご理解いただいて、毎日の教育に役立てていただけるのであれば・・・嫌いな掃除も頑張ります!といったところでしょうか。

 

 お茶やお茶菓子を出すことは私の中でお客様をもてなすときの『当たり前』ですが、先生にとっては負担かもしれない。これからも負担を感じさせない形でおもてなしできたらな、と思います。

 

www.ikujitte.work

 

www.ikujitte.work

【スポンサーリンク】