読み聞かせ

【怖いもの好きな小学生におすすめの絵本4選】じっくり考えさせられるトラウマ級の怖い絵本

小学生くらいになるとテレビでも本当にあった怖い話など興味を持ち始めるころです。

映像で見る怖い話ももちろんですが、絵本の怖い話は奥が深くて読めば読むほど新しい怖さがあります。

これから紹介する本は怖いだけではなくて『目をそらしてはいけない大切なこと』を教えてくれる絵本です。

習いたい!という子供にお金がないから習い事を増やせないと罪悪感を持つ親へ。 正直、外食もほとんどせず、遠出もしない我が家の家計を圧迫しているのは子供たちの習い事の費用(教育費)です。 ...

 

ぼくがラーメンたべているとき  長谷川義史

あなたがラーメンを食べているとき、となりのあの子はこんなことをしています。

となりのとなりのあの子は・・・・。

となりのくにでは・・・。

きみがこうしているときにあの国のあの子は。

『本当にあった怖い話』というような話ではありません。

とてもとても身近な話です。

この本で読書感想文を書くといろいろ考えさせられること間違いなしです。

コワイけどしっかり考えながら読んでほしい1冊です。

しんでくれた  谷川俊太郎

谷川俊太郎さんの詩を絵本に。

『しんでくれた』『そいでハンバーグになった』

シンプルでぐっとくる言葉とリアルな絵。

文章にも絵にもとても力があります。

たべてあげる  作 ふくべあきひろ

主人公のりょうたくんはきらいな食べ物がいっぱい。

あるとき『嫌いなものを何でも食べてくる小さいりょうたくん』が現れました。

これからは嫌いなものは小さいりょうたくんが食べてくれるから大丈夫。ママにも『全部食べれてすごいね』って褒められて上機嫌。

きらいなものを食べなくていいなんてラッキー。

でもこの本を最後まで読んだら好き嫌いなんてできなくなっちゃうこと間違いなし。

おもしろくて可愛いけど、ちょっとホラーでこわーい絵本。

きれいなはこ  作 せなけいこ

わたし、じつはせなけいこさんの絵本が苦手です。

小さな時にこのきれいなはこという絵本を読んで以来どの本もなんだかとても怖くって。

1度怖いと思ったら絵まで怖い。

題名が『きれいなはこ』なのに表紙が口の大きな犬くん。

絵本って悪者がいても最後には改心して仲直り。というハッピーエンドが多いけど

せなけいこさんの絵本は違うんです。

かわいい絵なのにぞっとするような終わり方で、救いもないものが多い。

読み終わった後に子供たちに感想を聞きたい絵本です。

【受講経験者・タブレット学習との比較】ドラゼミが『まなびwith』に変わる。去年まで姉妹合わせて6年間続けていたドラゼミが2020年の教育改革にに先駆けて『まなびwith』に変わります。 こんなに長い間お世...
【幼児の知育遊び】脳や手指を発達させる粘土は自分で作るのがおすすめ。2歳の娘におすすめしている遊びが粘土遊びです。 最近ごっこ遊びもできるようになってきたので粘土を使って料理の練習をしています。 ...