ikujitte blog *

一緒に子育ての疑問解消しましょう。3姉妹の子育てに奮闘しながら得た知識たちが、あなたの子育てのお役に立ちますように。

 

【1歳半で歯医者デビュー】乳歯の虫歯は進行が驚くほど早い!定期的な歯科検診で予防歯科を心がけましょう。

こんにちは。子供たちの歯医者の付き添い大好きな3姉妹ママむぎです。

 

子供たちも歯医者が大好きです。ついに1歳7カ月の娘も歯医者さんデビューをしました。もちろん虫歯ではありませんよ。

 

フッ素塗布は済ませました。

 

小学生の2人は歯医者さんで検診とシーラントのチェックをしてもらっています。

 

フッ素塗布とシーラントというのが我が家の元気な歯の秘訣なんです。

 

 

 

 

子供の歯は虫歯になりやすく進行が早い。

虫歯の子供の割合は、小学生ではピークだった1979年の94.7%の比べると大幅に減っています。未治療の虫歯の保有数も減少傾向にあります。

 

一方で5歳から9歳の子供の35.5%に歯肉炎の症状がみられると言われています。

 

子供の歯や生えてきたばかりの歯はとても弱く、エナメル質も未熟で歯が溶けやすくなっています。虫歯や歯肉炎は大人よりも速いスピードで進行します。

 

歯肉炎は歯と歯茎の境目に3日歯ブラシがきちんと当たっていなかっただけでなるそうです。

 

それだけ簡単になってしまう病気なんです。

 

乳歯が生えたらフッ素塗布

子供の歯を強くするために効果的だと言われているフッ素塗布。

 

歯医者さんによっては保険対象で塗布してくれるところもあります。保険が効かないところだと費用が掛かってしまうので、事前に確認しておきましょう。

 

フッ素は虫歯菌の活動を抑制してくれる効果もあります。

 

詳しくはかかりつけの歯医者さんに聞いて見てくださいね。

 

予防歯科治療でシーラント?それって何?

『シーラント』とは食べものが詰まりやすく虫歯になりやすい歯の溝部分をプラスチックで埋める予防歯科治療のことです。

 

子供の歯は小さな凸凹や溝が多く、特に奥歯の溝には食べ物や歯石が溜まりやすいので、そこの溝を埋めることで虫歯を予防します。

 

特に最近のシーラントにはフッ素が含まれており、歯を強くしてくれる効果も見込めます。シーラントは予防歯科でありながら、保険適応なので自己負担も軽く済みます。

 

シーラント施術の流れ

  1.  歯についた汚れを機器を使って丁寧に落とす。
  2. 水分がついていると接着がうまくいかない(取れやすくなる)ので歯を乾燥させる。
  3. シーラントを奥歯の溝に(前歯の裏側のへこみなど)流し込む。
  4. 光照射で硬化させる。(シーラントの種類によって異なります。)

娘たちが使用しているシーラントは赤色の液体で光(UV)に当てることで硬化し白くなります。

 

右側上下(3.4本)で15分から20分で完了します。(もう片側上下は別日になります。)

 

歯を削ったりすることもないのでまったく痛みはありません。

 

シーラントはいつ頃が始め時?

2歳ごろから検診をお願いしていたかかりつけの歯医者さんから『シーラントっていう虫歯予防の方法があるんだけどしませんか?』と勧めていただきました。それが3歳を過ぎたころでした。

 

3歳の奥歯が生え始める時期にシーラントをしておくと、まだ歯磨きが上手にできない子や仕上げ磨きを嫌がる子供でも少し安心できます。

 

ぜひ、かかりつけにの歯医者さんに相談してみてください。

 

シーラントにデメリットはないの?

シーラント定着部分の下に虫歯があった場合、中で虫歯が広がってしまうことがあるそうです。

 

しかし、そのようなことがないようにしっかり確かめてから施術していただいているので、この点は病院の信用の問題だと思います。

 

あと、シーラントは1度すると数年は再処理はいらないと言われています。

 

しかし、うちの娘たちははがれやすいようでだいたい1年おきに再施術しています。

 

これは食生活や、娘の場合は歯ぎしりがあるのでそれが原因だと思います。

 

もちろん保険適用だと言っても費用が掛かります。これもデメリットと言えます。(自治体によっては子供の医療費がかからないところもあると思いますが。)

 

 

 

仕上げ磨きは小学校に入ってもまだ必要です。

勘違いしてはいけないのが、シーラントで予防できるのは施術した溝の部分だけだということです。

 

歯と歯の隙間や前歯や犬歯のカーブの部分など磨き残しがあればそこから虫歯になることはあります。

 

シーラントをしたからと言って虫歯にならないわけではありません。

 

とはいえ、シーラントをした歯はしていない歯に比べると4年以上たっても60%以上も虫歯予防の効果があるそうです。

 

子供たちが痛い思いをしなくてもいいように、予防できるもの何ら予防しておいたほうがいいと私は思っています。

 

少し仕上げ磨きも楽になりますし、何よりも歯医者さんに行く習慣が出来るのもいいことだと思っています。

 

《関連まとめ》

赤ちゃんの口の中には虫歯菌がいないの知っていますか?

【スポンサーリンク】