ikujitte blog *

一緒に子育ての疑問解消しましょう。3姉妹の子育てに奮闘しながら得た知識たちが、あなたの子育てのお役に立ちますように。

 

【運動することで脳を鍛える4つの効果】運動できる子は勉強でも伸びる可能性が高い!

私が小さな頃は運動できる子は勉強が苦手。

 

勉強できる子は運動が苦手。だった気がしますが今って勉強も運動もできる子って多くなったと思いませんか?

 

それはじつは不思議なことではなくて、ごく当たり前の事なんです。

 

 運動することが脳に与える素晴らしい影響についてお話しします。

 

 

【習い事を検討している方必見】人気ランキング1位のピアノは脳にいいだけではなく自己肯定感を付けるのに最適。 - ikujitte blog *

 

運動することで得られる影響は大きく分けて4つ。

運動することで前頭前野が活発に動く。

前頭前野が活発に動くことは考える力が発達しているということです。

 

また、前頭前野が活発に動くと感情が安定し、相手の事を思いやる力、想像する力が発達します。

運動するとニューロンが増える。

ニューロン(神経細胞)は基本的に産まれてから死ぬまで増えることはないと言われていました。

 

しかし、近年の研究で運動することでニューロンは増えることがわかりました。

 

下記のプレジデントオンラインに詳しいことが書いてありますが簡単に言うと、心肺機能を高めるような運動をすることでニューロンという神経細胞が増えることが研究で分かり、運動をすることが脳が勉強をするための準備運動につながるということです。

 

脳細胞が増える運動「3つの条件」 | プレジデントオンライン

 

運動することで空間認知能力が鍛えられる。

とくに効果的な運動は、スイミングや球技。

 

球技で狙ったところにボールを投げたり、味方の動きを把握することが必要なスポーツをすることで空間認知能力が高まります。

 

空間認知能力が高まると、物の整理整頓やマルチタスクに上手に対応できるようになります。

 

平面な地図や写真を見て立体的に想像できる力がつきます。

 

もし、球技が苦手な子でも、監督になったような気持ちで試合を見て『ここに投げたらパスが通る。』『パスを受けるためにはここにはこのポジションでボールを受ける。』など考えるだけでも空間認知能力はアップします。

 

運動することで集中力が上がる。

運動をすることで、良質な睡眠がとれる。

 

良質な睡眠がとれると食欲がでて、しっかりご飯を食べられる。

 

そうして、良い生活リズムで毎日を送ることで脳が活性化する良い習慣が身につきます。

 

この良い習慣は本当に大切です。良い習慣で生活できている子供は身体も脳もしっかりと成長しています。

 

【これで解決!小学生の睡眠改善】時間を変えられないなら質の良い睡眠で脳と身体を育てよう。 - ikujitte blog *

 

小学生時代に運動することで勉強への伸びしろがアップする。

小学4年生くらいになると運動系の習い事を辞めて塾に入る子供が本当に多いですが、受験をするわけでないのなら6年生までしたいスポーツを思う存分することが子供の成長にとてもいい影響を与えてくれます。

 

いざ、勉強が必要になったときにスポーツをしていた子がとても良く成績が伸びるんです。

 

集中力や脳の空間認知能力は学習塾では得ることのできない大切な能力です。

 

もし、塾に行かないと勉強についていけないということでなければ小学生のこの時期スポーツをすることがお勧めです。

 

こんな記事も書いています。

www.ikujitte.work

www.ikujitte.work

【スポンサーリンク】